Lacquer-ware by Shinji Goto

What is Japanese lacquer-ware (urushi)?

 

山形県では 山形県では 山形県では 1971 1971 年生まれ。 年生まれ。 年生まれ。 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま 神奈川県の藤沢市に住んでいま す。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 電機メーカに勤務した後デザイン学校入りま。 広告代理店に勤務し、数 広告代理店に勤務し、数 広告代理店に勤務し、数 広告代理店に勤務し、数 広告代理店に勤務し、数 広告代理店に勤務し、数 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 十年のため情報誌編集に従事。 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 ホワイトカラー労働者の生活をやめ、定期的に木工 を始めました。 を始めました。 を始めました。 5年の家具職人として 年の家具職人として 年の家具職人として 年の家具職人として 年の家具職人として MaruhitoMaruhito Maruhito MaruhitoMaruhito 株式会社 株式会社 Ltd.inLtd.in Ltd.inLtd.in横浜市に入りました。 横浜市に入りました。 横浜市に入りました。 横浜市に入りました。 横浜市に入りました。 2007 年には、 年には、 Mr.Toshiki Ozono Mr.Toshiki OzonoMr.Toshiki OzonoMr.Toshiki OzonoMr.Toshiki Ozono Mr.Toshiki OzonoMr.Toshiki Ozono Mr.Toshiki OzonoMr.Toshiki OzonoMr.Toshiki OzonoMr.Toshiki Ozono 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 下の漆作品は「鎌倉彫」器産業伝統工芸職人国 家として認定研究。 家として認定研究。 家として認定研究。 家として認定研究。 2010 20102010年には、 年には、 `後藤 -shitsugei shitsugei shitsugei shitsugei shitsugei shitsugei ‘、会社を設立しまた。 ‘、会社を設立しまた。 ‘、会社を設立しまた。 ‘、会社を設立しまた。 ‘、会社を設立しまた。 ‘、会社を設立しまた。 2014 2014年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。 年、「鎌倉彫」の職人資格を取得しまた。

漆器 by 後藤信治 プロフィール 山形県出身。

 
Shinji Goto Takenoby Tokyo
1971年生まれ。 神奈川県藤沢市在住。 電機メーカーに勤務後、デザイン学校に入学。 卒業後、広告代理店や情報紙編集の仕事に十数年たずさわる。サラリーマンをやめ本格的に木工を始める。 横浜「マルヒト」入社。家具職人として5年働く。2007年、鎌倉彫伝統工芸士、小園敏樹氏に師事、弟子入りし漆工を修行。2010年、 `後藤漆芸設立。 2014年、鎌倉彫技能士習得。
2.後藤shitsugei について
同社は、後藤shitsugei は、藤沢市、神奈川県に位置しています。 同社は主にラッカーで
「鎌倉彫」のオブジェクトをカバーし、オリジナルデザインの漆器を作ります。 この会社は
また、木製工芸品や家具を生成します。
++++
後藤漆漆藝について
主に鎌倉彫の漆による塗装、その他漆工による漆器制作。また、木工による木製品や家
具制作も行う。
 
Shinji Goto Takenobu
Shinji Goto Takenobu

 

3.製品に向けた具体的な思考と期待
漆は英語で「日本語」と呼ばれています。国内では、9,000years 以上前縄文時代以来、ラ
ッカーコーティングを持つオブジェクトを使用しました。それは、私たちは多くの赤い漆塗り
の木製の鉢がその時点で存在したことを驚かせることを可能にします。漆は、漆の木から
採取した天然の樹液です。ラッカーは、それが一旦乾燥されるとき水、酸およびアルカリ
に対して耐性のあるコーティング材料の性質を有するようになります。漆の樹液は、接着
剤の優れた品質と良好な光沢の特徴を持っています。
漆器はまだ縄文時代以来、ハンドメイドの技術によって製造されています。私たちは機械
と高技術により、実際の美しい製品を作ることができないので、それがあり、触れると自
然素材を感じ、生産のための6 つの感覚を得ることが非常に重要です。
彼は、漆器の工芸品は、農業に似ていると思います。彼は季節や天候によって作業計画
を変更する必要があります。彼は、温度や湿度に敏感であることがあります。彼はしばし
ば塗装ラッカーの計画は天気予報を確認することができます。しかし、彼は “ミスターを
愛し彼は時々彼の中毒から発疹を取得するために彼を気にしていても自然の中で生きて
いる漆」。

 

Shinji Goto Takenoby Tokyo
これは、リップは体の中で最も敏感な部分であると言われています。 だから、古代の日
本人は漆器を生成し、それらが各リップを通して快適と癒しを感じるためにそれらに魅了
されたため、食文化でそれらを使用していました。

 

彼はいつも皆の手に一致し、また、我々は毎日それらを使用するので、私たちは簡単に
洗うことができ、フォームに焦点を当てる形と感触に集中する木製の鉢を設計し、生成し
ます。彼は、ゴミが底部の縁に収集しないように体と脚の間に境界線を丸めるためにボウ
ルを設計します。彼は、そのデザインのおおよその90years前、昭和初期に人気があるために使用されるフラット茶碗になります。 製造工程として、彼はラッカーときめの細かい研磨剤の混合物がベースのために被覆されている通常の技術を使用していませんが、彼は何度も漆を塗布してベースを作ります。品質は非常に自分の思考における強度の増加によって改善されるべきであるからです。漆器の仕上がりを和らげるために、彼は表面上に粉末。彼はいつも作成し、顧客がいかなる損害についてずに毎日それらを使用できるように、製品を革新します。 これは、ヨーロッパのテーブルスタイルで行く保守的とマットの色を達成するための完璧な仕上がりです。それは再コートし、それらを修復するために利用可能であるので、それは、世代から世代へと漆器を使用することが可能です。だから、漆の皮とチップ場合には、新しいものとして生まれ変わることするために利用可能です。漆器の含有量は、天然素材100%であるため、地球に優しい製品です。 ツールは、漆器の職人のために不可欠です。コーティングラッカー用ブラシは、ヒトの髪によって行われます。それは女性のストレート毛がこれらのツールのための最良であると言われています。しかし、ほとんどの女性は、これらのブラシは、現在では稀であるので、その毛は、これらの日パーマ持っています。ブラシを作る労働者が急激に減少してきました。私たちは、ラッカー塗装も色に応じてそれぞれの処理によれば、ブラシのいくつかの種類を変更します。 ブラシが劣化すると、我々は鉛筆のためにそれを行うようにナイフでそれらを指すので、新しいものが登場しています。 彼は一人で、漆を混練し、調整するために使用されているヘラになります。彼は、漆の職人が丁寧に修復することによってツールを処理することにより、長い時間のためにそれらを使用することが非常に重要であると考えています。

作品のこだわり、思い 作り手として手になじむカタチや質感、洗いやすさを重点に置いた器をつくっています。高台の角や隅を少し丸くして汚れをつきにくくしてあります。塗りは一般の砥の粉による下地錆付けを行わず、生漆を何層にも塗重ねた師たちで塗られています。強度をつけるためです。上塗りは質感と強度がある、蒔き仕上げにて塗られています。傷など気にせず、毎日どんどん使って戴ける塗にしました。色も落ち着いたマットな仕上がりです。
4.製品の特徴 光沢を除去することにより、静かでカジュアルな存在のイメージ。 朱色の漆を作成するために、粉末状の赤色酸化鉄は、仕上げに固有の緑青を与えるために適用されます。 この材料は、赤色酸化鉄は、縄文時代から使用されてきました。 それは昆虫から保護し、腐敗を防ぐ効果があります。 黒塗装のために、粉末状の宇宙麻外層を生成するために適用されます。 任意の化学成分を含まない、粗宇宙麻が使用されます。 活性炭は、吸着動作を有するので、この材料は、中国医学の腸の解毒のために利用されます。 ++++ 作品の特徴 艶を押さえた静かな存在をイメージ。赤塗りのものは弁柄蒔き塗り。弁柄は縄文・弥生時代から使用され、防虫・防腐効果も。黒塗りのものは麻炭を蒔いて仕上げた上塗り。薬品処理・加工無しの麻炭パウダーを使用。活性炭には吸着性があるため漢方などでは腸を綺麗にする解毒効果もある。

 

 

Close Menu

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. 非表示

×
×

Cart