Ceramics by Aoki Koji

 
 

青木浩二 1969年、

東京生まれ。 1992年には、総合商社に入り、早稲田大学を卒業後、法務部門でのスクリーニングのための責任を担当しました。 1997年に、会社を辞め自己学習したことで陶器を作り始めました。 1999年には、ZENTEN展鎌倉芸術展で賞を得ました。 2000年以降、陶器のワークショップを組織します。年間2 -3回おおよその個展を開催。 2007年には、現代陶磁器の第20回展でフラワーベースのコンテストで2枚のための賞を得ました。 2009年には、東京の神楽坂にあるギャラリー「ラロンドD’ARGILE ‘内の個展を開催しました。 2011年には、「MAMEZARA1000」プロジェクトに参加しました。三越の銀座で店と新宿での伊勢丹デパートの「DESIGNTIDE」の展覧会の「Meshiwan(ライスボウル)」の展覧会に作品を送りました。 2012年には、フランスのパリで「MAISON&OBJET」の展覧会に作品を送りました。展示会「Chabako(茶箱)との別の展示会「銀座での三越でハート」に彼の作品を送りました。展示会でMAMEZARA1000のギャラリーに作品を送った、2013年に「現代陶芸のヴァロリス国際Bienale」は、フランスのパリで「MAISON&OBJET」の展覧会に作品を送り、セレクトショップ「デに彼の作品を配信しましたフランスのモンペリエで、スイスでリートベルク美術館のミュージアムショップにラ・ルーチェ」。 2014年、日本橋三越デパートの展示会「100ライオンカフェ」に彼の作品を送りました

陶器 by 青木浩二

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

 
 

 

Aoki Koji Takenoby Tokyo

土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え土をこねる とき、の来た道考え。

だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい だからこそ、私たちはの頂き方と返して影響を考えなければい 。

 

 

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Aoki Koji Takenoby Tokyo

Close Menu

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. 非表示

×
×

Cart